貴社では、シニア雇用をどのように考えていますか? 「シニア雇用」に関するアンケート

「シニア雇用」

に関するアンケート

調査主体: PRO-Q編集部(ProFuture株式会社)

恒常的な労働力不足が不安視される日本企業において、シニア人材の活用は今後の重要な人事施策となります。2021年4月には高齢者雇用安定法の改正で「70歳までの就業機会の確保」が努力義務とされるなど、各社における取り組みが注目されます。今後の貴社におけるシニア活用の状況についてお聞かせください。


ご回答内容は、調査レポートやアンケート回答後の集計結果ページにて紹介させていただく場合がございます。
掲載の際は「個人名」「社名」は一切公表いたしませんので、忌憚なきご意見をお寄せください。

アンケートSURVEYS

本アンケートは経営者・経営の方、または人事・総務ご担当者が対象です。あなたは該当しますか?

引き続き、以下のアンケートにご回答ください。

折角なのですが、本アンケートの対象ではありません。

トップページへ

アンケート回答にあたっての
ご注意点とお願い

貴社の60歳以上の従業員の割合はどの程度ですか?

今後、70歳現役社会を見据えたシニア雇用について、どのように取り組んでいく想定ですか?

シニア雇用のメリットだと思う項目について、当てはまるものをお選びください。

シニア雇用を行う上で、どのような課題や難しさを感じていますか?ご自由にお書きください。任意


このアンケートが役に立ったら「シェア」お願いします。