テレワーク時代の障がい者雇用について、課題を感じていますか? 「テレワークにおける障がい者雇用」に関するアンケート

「テレワークにおける障がい者雇用」

に関するアンケート

調査主体: 株式会社JSH

障がい者の法定雇用率は、2021年3月までに2.3%に変更されます。
一方で、競争率の高い採用や業務切り出しなどの定着において課題が多いのが現状です。
さらに、新型コロナの影響で、大企業を中心に多くの企業が、テレワークに切り替えており、テレワークでは、障がい者雇用の採用活動および業務の切り出しの課題を解決しづらくなるかもしれません。
今回は、テレワークにおける障がい者雇用の課題にまつわるアンケートになります。

アンケートSURVEYS

本アンケートは人事担当者、および障がい者雇用担当者が対象です。あなたは該当しますか?

引き続き、以下のアンケートにご回答ください。

折角なのですが、本アンケートの対象ではありません。

トップページへ

アンケート回答にあたっての
ご注意点とお願い

新型コロナウイルスの影響でテレワークが推奨されるなか、障がい者雇用の採用について課題は出てきていますか?以下より当てはまるもの全てお選びください。

テレワークが推奨される中で、障がい者の定着について課題は出てきていますか?

障がい者雇用について、採用・就労場所・職域開発などを支援する外部サービスの活用に関する貴社の取り組み状況・方針についてお聞かせください。

2021年3月末までに法定雇用率が2.3%へ引き上げられます。雇用率達成に対する貴社の課題について、自由記述でお聞かせください。任意


このアンケートが役に立ったら「シェア」お願いします。