4社に1社がスマホ活用研修を実施。「eXラーニング」、「マイクロラーニング」へ高まる期待

従業員のビジネススキル向上に際して、どのようなスタイルの研修が求められているのだろうか。株式会社デジタル・ナレッジが運営するeラーニング戦略研究所が、企業の人事教育担当者100名を対象に、「企業研修におけるスマートフォン活用に関する調査」を実施。その結果をまとめた報告書ではスマートフォンの研修活用が促進されていることを伝えている。


「あなたの会社の研修はスマートフォンで受講できますか?」と質問したところ、スマホ受講がメインの企業も含め、全体の27%が『スマホでも受講できる』と回答。およそ4社に1社で研修におけるスマホ活用が進んでいることが明らかとなった。

なお、業種別に見ると、スマホ活用率が高い業界トップ3は「卸売・小売」、「建設」、「教育」。




各社はスマホを活用して、どのような内容の研修を行なっているのだろうか。

「スマートフォンで受講できる研修内容について、現状と今後の展望」を尋ねると、「一般的な座学内容」、「会社独自の座学内容」、「業務に関するノウハウや知見」の3つが、現状においても今後の展望としても、需要が高い。

しかしながら、「マニュアルや作業手順」、「店舗の接客・調理」が2割近くの回答を集めている点も見逃せない。ここから「より実践的な現場教育やOJTに適用可能」なスマホ活用に対する期待値の高さも読み取れる。




今後の期待も膨らむスマホ活用研修であるが、現状、どのような課題があるのだろうか。

「研修におけるスマートフォン活用の課題」を尋ねると、「スマホに適したコンテンツ開発」51.9%が最多となった。


従来のPCで受講していた長時間のコンテンツはスマートフォンには向かず、数分程度に細分化されたコンテンツが求められる傾向にある。そのため、研修におけるスマホ活用の本格化とともに、短時間で効率的・効果的に学ぶいわゆる「マイクロラーニング」が、ますます増えていくだろう。




―― かつて、eラーニングはホワイトカラー向けの“知識伝達”が主だったが、近年では “経験学習”いわゆる「eXラーニング」と呼ばれる形態に進化している。同時に、5分程度のコンテンツを短時間で効率的・効果的に学ぶ手法「マイクロラーニング」が注目を集めている。スマホ活用研修が当たり前になりつつある中、「eXラーニング」と「マイクロラーニング」の2つが、今後の企業研修におけるキーワードとなりそうだ。



この記事が役に立ったら「シェア」お願いします。

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

コメントCOMMENT

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

関連キーワードRELATED KEYWORD

育成 リカレント教育

同じキーワードがつけられた記事SIMILAR ARTICLES