勤務体系「フルリモートが良い」は少数派。8割強がリモートと出社を組み合わせた「ハイブリッド勤務」を希望。

株式会社ジーンは2022年2月9日、「コロナ禍での働き方に関するアンケート調査」の結果を発表した。本調査は、20歳~75歳までの社会人1,010名を対象に希望するワークスタイルなどを調査したもので、調査期間は2021年12月8日~18日となる。これにより、各自が適当だと感じるリモートワークの頻度や、残業についての考え方などが明らかとなった。

「フルリモート」を希望する人は1割程度にとどまる

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、社会全体の働き方が変容する中、ビジネスパーソンはどのような働き方を求めているだろうか。

同社が、「リモートワークは週何日が適当だと感じるか」と質問した結果、多かった順に「週1〜2日」が34.5%、「週3〜4日」が34%、「フルリモート」が13.1%となった。これらを合わせると81.6%となり、全体の8割強が「週に1日以上のリモートワークを希望している」と判明した。一方、「フルリモート」を希望する人は1割程度で、多くの人は「リモートワークと出社のハイブリッド型」を希望しているようだ。

この傾向に対して、同社は「閉塞的になりやすいリモートワークの特徴を鑑みると、適度な頻度で出社し対面のコミュニケーションを求める人が多いのではないか」という見解を示した。



6割強が、職場と自宅の距離は「通勤時間30分~1時間」を希望

次に、「職場と自宅の距離はどのくらいが良いか」を問うと、「通勤時間30分〜1時間」が62.5%と過半数を占めた。一方で、「徒歩圏内」は26.1%にとどまっており、多くの人は、職場から一定の距離感を求めていた。



職場では「固定席」が理想という人は4割以上

続いて同社は、「職場での理想の席」について質問している。その結果、「固定席」が44.3%、「どちらでも良い」が26.4%、「フリーアドレス」が22.1%となった。フリーアドレスを導入する企業も増えている一方で、固定席を希望する社員が4割にのぼった。



半数近くが「残業するより余暇を重視したい」という考えを示す

また、「残業についての考え方で最も近いもの」に関する質問については、「余暇を重視しているので残業はしたくない」が48.7%で最も多かった。以下、「給料が増えるので残業はしても良い」が39%、「仕事が好き(スキルアップしたい)なので残業したい」が4.9%と続いた。



社員旅行に関する考え方は?

最後に、同社が「会社の社員旅行に参加したいか」を尋ねると、「参加したくない」が66.1%、「参加したい」が28.6%となった。同社によると、「場所によっては参加したい」や「メンバーによっては参加したい」などの条件付きでの参加希望者も、少数派ながらいたという。




調査結果から、Withコロナの環境下にあるビジネスパーソンの「働き方」に関する意識や希望がうかがえた。今後の環境変化が読みづらい中でも、企業は社員のニーズを適切に捉えながら、組織活性化を目指した支援を模索していきたい。


この記事を「シェア」お願いします。

この記事にコメントする

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

関連キーワード:

トレンドニュース テレワーク

アンケート集計結果レポートREPORTS

同じキーワードがつけられた記事SIMILAR ARTICLES