三井住友銀行のビジネスマッチングサービスとSansanの名刺交換サービス機能が連携。Withコロナのオンライン化を後押しする狙い

Sansan株式会社は2020年9月9日、株式会社三井住友銀行が提供するビジネスマッチングサービス「Biz-Create」と、Sansanが提供する2つのオンライン名刺サービス「Sansan」と「Eight」が、2020年8月より機能連携を開始したと発表した。これにより、Biz-Createを利用する企業の、新たなビジネスのパートナーとの出会いを後押ししていくという。

両サービスの連携で、コロナ禍におけるニーズに応える

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、テレワークの導入やオンライン商談システムの活用といった新しい働き方を取り入れた企業もあるだろう。オンラインを活用するメリットは、「人と接触せずに商談や打ち合わせができること」や「訪問先への移動時間やコストが削減できること」だ。しかし、対面時のような名刺交換ができないことや、デジタル化に未対応の企業では、スムーズなコミュニケーションが難しいことが課題といえるだろう。

三井住友銀行は、2019年5月より「新たなビジネスパートナーを求める声に応えたい」と、自行のビジネスマッチングに関するノウハウと、日本電気株式会社(NEC)のデジタル技術を用い、インターネット上で企業同士がビジネスパートナーを探せるビジネスマッチングサービス「Biz-Create」の共同運営を開始。地域の枠を超えてビジネスチャンスを広げ、地方創生の実現を目指してきた。

一方のSansanは、コロナ禍における新しい働き方を支えるべく、名刺アプリ「Eight」と、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を提供してきた。今回、コロナ禍においてもビジネスマッチングをさらに加速できるよう、両社は機能連携を決定したという。

オンライン上での企業同士の出会いが可能に

Sansanが提供する名刺機能「Eight」では、パソコンやスマートフォンから自身の名刺画面をURLやQRコード、Bluetoothなどで相手に送信できる。「Sansan」を利用している企業は、顔写真付きの名刺を、オンライン商談時やオンラインミーティング時、または事前に交換することが可能だ。

さらに、その名刺機能をBiz-Createと連携することで、ビジネスマッチングページで名刺を相手企業にワンクリックで送信することや、受け取った相手もすぐに送り返すことができるようになり、オンライン上での名刺交換が簡単に成立するという。

ビジネスにおける新しいパートナーとの出会いは不可欠だが、コロナ禍により実際に顔を合わせて面談することは難しいのが現状だ。ニューノーマルの時代に新たな企業とのビジネスが創出できるよう、オンライン名刺交換サービスの導入など、自社のデジタル化を検討してみてはいかがだろうか。


この記事を「シェア」お願いします。

この記事にコメントする

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

アンケート集計結果レポートREPORTS

同じキーワードがつけられた記事SIMILAR ARTICLES