「味の素、管理職の希望退職100名募集」報道に納得が約8割、企業や社会の受け皿支援も重要に


2019年12月、味の素は管理職を対象にした希望退職を募ると発表しました。
ファミリーマートやキリンホールディングス、LIXILといった業界大手企業もミドル層を中心に早期退職制度を発表するなど、企業の人材不足が取り沙汰される一方で、人員整理を行う人事施策に話題が集まりました。
東京商工リサーチが2019年12月に発表した「2019年(1月~11月)上場企業『早期・希望退職』実施状況」によると、2019年に早期・希望退職者を募集した上場企業は延べ36社にのぼり、対象人数は1万1351人にまで達した報告しています。これは2014年以降では最多を更新しており、特に業績不振・経営危機ではない企業が、“先行型”として早期退職募集に踏み切るという特徴がありました。
こうした状況のなか、このニュースを人事・総務PRO-Qの会員はどう受け止めたのか調査を実施。様々な声が寄せられました。


この記事には続きがあります。

会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。

入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

この記事を「シェア」お願いします。

この記事にコメントする

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

アンケート集計結果レポートREPORTS

同じキーワードがつけられた記事SIMILAR ARTICLES