AIによる「議事録自動作成ツール」登場。リモートワークでもスムーズな情報共有が可能

アプライド株式会社は2020年5月、株式会社オルツテクノロジーズとセールスパートナー契約を締結したと発表した。オルツテクノロジーズが提供する、議事録自動文字起こしツール「AI GIJIROKU(AI議事録)」について、アプライドがビジネス分野および文教市場への導入支援を行うという。

会議内容をデジタル化して共有し、情報の劣化を防ぐ

新型コロナウイルス感染症の流行拡大は、ビジネスや文化教育分野に大きな変化をもたらし、遠隔での業務や授業を可能にするための環境整備の需要が急激に高まっている。こうしたニーズに応えるため、上記の協業が決定した。


アプライドは、ハイパフォーマンスコンピューティング製品の製造販売と広域の販売網を強みとし、企業の開発分野や官公庁、全国の大学へシステム導入を実施している。一方のオルツテクノロジーズは、AI技術によるサービス提供を得意としており、ビジネスの分野に適用させている。


今回導入を展開する「AI GIJIROKU」は、これまで録音音声を書き起こすなど、手入力で行っていた議事録の作成を自動化し、発言をリアルタイムでテキストにするツールだ。会議や授業内容をデジタル化して円滑に共有できるため、リモートが進む企業や大学に対して提供を進めるという。これにより発信者・受信者間での情報劣化を防ぎ、再現性を高めて新たな価値創出を促す狙いだ。


日本のビジネス分野や文教におけるリモート環境の整備は、今後ますます必要性を増すだろう。企業においても、AI技術などを活用してDX(デジタルトランスフォーメーション)を進め、課題解決に向けて取り組む姿勢が求められそうだ。

この記事を「シェア」お願いします。

この記事にコメントする

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

アンケート集計結果レポートREPORTS

同じキーワードがつけられた記事SIMILAR ARTICLES