武田製薬が「グローバル人材としての資質」を新卒採用基準に。次世代を担う人材輩出を目指す

武田薬品工業株式会社はグローバル人材の輩出を目的とした新たな採用基準の導入することを発表。これまでの新卒採用における採用基準に加え、グローバルな環境下での業務遂行を想定した総合的なマネジメントの資質を重視するもので、2020年度入社の一部選考から導入を開始するという。


日本に本社を置き、世界約80の国と地域で事業を展開する武田薬品は新卒採用制度においてグローバル人材に対する新たな採用基準を導入する。 同社では、世界各地において日本人を含む多くの従業員があらゆる職種で活躍しており、これまでもグローバルにビジネスの成長を推進する人材の育成に力を入れてきた。


今回導入された「グローバル人材として活躍する資質」という採用基準には、入社時より基礎レベルの英語力を持ち、さらにビジネスレベルへのスキルアップができる人物を対象として定め、グローバルな環境下でコミュニケーションスキルのある次世代リーダーの輩出を加速させることを目的としている。2020年度入社の一部選考から導入を開始し、2021年度入社より本格運用を始める。


これまで同社では、MR職(医薬情報担当者)の適性を中心軸として新卒採用を行い、業務を通じてそのポテンシャルを見極めた後、グローバル人材の育成を行っていた。世界的なグローバル化の加速に伴い、人材育成のスピードも加速する必要性を感じ、今回の採用基準の導入を決めたという。また、入社後には製薬ビジネスの基礎を学んだ後、海外勤務を含め、人材育成の初期段階でさまざまな職務を経験する機会を設定していく予定だ。


グローバル社会化が急速に進む中、会社のさらなる発展と成長にはボーダレスな経営戦略が求められる。日本企業が、海外に向けた市場拡大や飛躍的な成長を目指すためには、海外市場を相手に活躍できるグローバル人材が必要不可欠と言える。今後、さまざまな企業において、グローバル人材の育成のみならず、採用の段階から発掘するといった取り組みも必要になるだろう。

この記事を「シェア」お願いします。

この記事にコメントする

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

アンケート集計結果レポートREPORTS