悪天候時の出社に対し、経営層・人事の9割超が「無理な出社は不要」と回答

BIGLOBE株式会社は「悪天候時の出社に関する意識調査」を2019年12月23~25日に実施。2020年1月に結果を発表した。調査対象は東京23区に電車で通勤する、20~50代の男女1,000人。交通機関に影響が出るような悪天候時の出社について、従業員や経営層・人事の意識が明らかになった。

6割強が悪天候でも出社し、通勤時間は約2倍に

1年以内に交通機関に影響が出る悪天候時に出社したことがあるかを聞いたところ、「出社したことがある」との回答が62.1%となった。また、15.5%が「天候が回復してから出社した」と回答していることから、全体の7割以上が悪天候時に出社していることがわかる。一方、「出社したことがない」は22.4%にとどまっている。


また、「悪天候の際に出社したことがある」と回答した人に、その時かかった通勤時間を尋ねると、通常時は平均53.6分に対し悪天候時は平均102.3分かかったことがわかった。約2倍の通勤時間を要していることから、悪天候時には通勤の負担が倍増することがうかがえる。



悪天候でも出社する理由の第1位は「出社することは当然」

続いて、「悪天候時に出社した理由」を尋ねたところ、「悪天候時でもどうにかして出社するのが当然だと思ったから」と回答した人が32.6%で最多となった。次いで「重要な仕事があったから」が31.1%、「上司や同僚が出社するだろうと思ったから」が22.5%と続いた。


この回答を年代別にみると、50代で「悪天候でもどうにかして出社するのが当然だと思ったから」(44.1%)が突出しているのに対し、30代では「重要な仕事があったから」(35.8%)が1位になるなど、年代による傾向の違いも垣間みられる。



この記事を「シェア」お願いします。

この記事にコメントする

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

アンケート集計結果レポートREPORTS

同じキーワードがつけられた記事SIMILAR ARTICLES